キャンべル

no-image画像

キャンベルについて

キャンベルハムスターは、中央アジアから北アジアにかけての草原地帯や半砂漠地帯を原産とする種です。
ペットとしては1970年代頃からイギリスで飼育され始めており、日本では1994年になってからペットショップで販売されるようになりました。

日本ではドワーフハムスターの中でも、ジャンガリアンの方が人気が高く、流通量も多いのですが、欧米ではキャンベルの方が人気が高いです。

見た目としては、ジャンガリアンと良く似ていることから、混同されることも多いそうですが、キャンベルの方が若干身体が大きく、気性が荒いことが有名ですね。

キャンベルの特徴

キャンベルの体長はおよそ10センチ程度、体重が40グラム程度であり、ドワーフハムスターの中では一般的な大きさか、少し大きめくらいでしょう。

メスよりもオスの方が大きい種であり、カラーバリエーションが豊富な毛色を持っていることから、人気も高いです。
1度の出産で、平均すると5匹程度の子どもを出産します。

ただし、幅が大きく1匹だけのこともあれば、9匹も出産することがあるので、注意しておきたいですね。

性格は、上でも書いたように気性が荒いとされていますが、これは良く人間の指を噛んだりするので言われています。
ただし、噛むと言うのは怖がっていることからであり、本来の性格としては非常に臆病で、繊細なのだそうです。

臆病で繊細であるからこそ環境が変わったり、驚いたりすると噛むという行為に出てしまいますが、環境になれてくると大人しい性格になります。

人には懐きにくいとされていますが、環境になれることで人になつく個体も多くなりますが、なつくなつかないは個体差が大きくあるので、一概に言うのは難しいですね。

キャンベルの毛色について

キャンベルの毛色は大きく分けると2つの種類があります。
1つはアグーチと呼ばれるもので、野生色のように背中側とお腹側で色が異なるものです。

もう1つが、全身が一色の体毛となっている個体のことで、セルフと呼ばれます。
アグーチでは全体的にオレンジがかった毛色となるイエロー、ノーマルの毛色に比較するとやや色素が薄くなったオパール、全体手に黄褐色のような体毛になるサンディ、イエローとオパールが同時に発現したブルーフォーンなどがあります。

セルフの場合ですと、全身が黒い体毛で覆われるブラック、ブラックとオパールが発現したもので、全体的に青みがかったグレーの毛色になるブルー、チョコレート色の毛色が特徴的なチョコレートなどが有名です。

他にも、毛の柄や毛質についても個体差が大きく分類されています。
毛柄ですと、パイドとプラチナがあり、パイドは白い斑点模様が入るもの、毛先が白色化することから全体的に白くなったように見えるのがプラチナです。

毛質については、光沢のある毛質であるサテン、毛が長く伸びるロングコート、毛根からカールしたように毛が伸びるレックスなどがあります。

中には、アルビノと呼ばれる色素欠乏による個体もおり、全身は真っ白で、目が赤目になる個体もあり、多くの個体差が楽しめるのが特徴です。