ジャンガリアン

no-image画像

ジャンガリアンについて

ジャンガリアンはペットとして飼育されるハムスターの中でも特に一般的な種であり、初心者の人にも手を出しやすい種だと言えます。

和名はヒメキヌゲネズミと言い、小型の種であることから、ドワーフハムスターとも呼ばれています。
原産地はカザフスタンやシベリア、中国北部です。

日本では、その大きさや独特の仕草から人気が高い種であり、ドワーフハムスターに分類される中では、最も多く飼育されています。

ジャンガリアンの由来は、中国にあるジュンガル盆地に多く生息することですが、実際にはシベリアに多く生息しているそうです。

冬になると体毛が白くする変化する個体もあり、ウィンターホワイトなどと呼ばれることもあります。

ジャンガリアンの特徴について

体長はおよそ7センチから15センチ程度、体重は40グラム程度と非常に小型であり、飼育しやすいです。
1度の出産につき、3匹から10匹程度の子どもを出産し、若干オスの方がメスよりも大きくなっており、食性は雑食性で植物や動物、昆虫などを補食します。

ジャンガリアンはその毛の色によって種類が分けられているのも特徴で、ノーマルのものは茶褐色の体毛で、背面の真ん中には1本の黒い毛が線のように入っています。

冬季になると毛の色が白色に変化する個体が出るのが特徴です。
パールホワイトは体毛が全体的に白い種のことで、背中に黒い線があるのが一般的ですが、黒い体毛を持たない個体もあり、スノーホワイトと呼ばれます。

青みのある体毛だとブルーサファイア、グレーの体毛をしたものはプディングです。

ジャンガリアンは目が悪いことでも知られており、基本的には鼻と耳によって環境を把握する習性があります。
良く鼻をひくつかせる仕草をするのですが、これは周囲の臭いを嗅いでいる状態であり、1点を集中して見ている時は耳で周囲の状況を探っている状態です。

夜行性で暗いところを好む習性があり、意外と活動的なことも特徴だと言えるでしょう。
野生では1日に3キロ以上の距離を走ることもあるので、飼育する時には回し車などが必要です。

ジャンガリアンの飼育について

ジャンガリアンはペットとして、世界中で愛されているハムスターだと言えます。
多産である上に、環境に対する適応能力があるので、ペットとして飼育するのにも優れている種です。

また、性格も大人しく、人間にもなれやすいことから、初心者の人であっても飼育しやすい種ですね。
他の種よりも個体差、個性差が大きく見られるのも特徴で、沢山飼育していても飽きない人が多いのはこのことからだと言えます。

基本的に、個体同士の相性が良ければ多頭飼育も可能ですが、どちらかと言えば単独飼育の方が無難です。
性格が合わない個体同士を同時に飼育してしまうと、頻繁に喧嘩をすることでも知られており、場合によっては喧嘩相手を殺傷してしまうケースもあります。