ゴールデン

餌箱に入るハムスター

ゴールデンについて

ハムスターの中でも最も有名なものがゴールデンハムスターです。
別名をシリアンハムスターと言い、その名の通りに原産地はシリアやレバノンにイスラエル、パレスチナなどの中近東が中心となります。

白の体毛にオレンジ色の体毛が混ざったハムスターはよくアニメなどの中に出てきますが、このゴールデンの野生色がモデルです。

現在、ペットとして飼われているゴールデンは1930年に捕獲された1匹のメスが始まりになります。
そのメスの子どもである12匹の子孫が繁殖し、世界に広まっていきました。

正確には12匹のうち、8匹が大学へと送られて研究、繁殖を開始したのですが、そのうちの4匹は逃亡、1匹は個体間の争いで死亡しています。

結果、残った1匹のメスと2匹のオスの間で繁殖したものが世界に広まっているのです。
最初に捕獲された時点で絶滅寸前であったのかは解りませんが、幻の動物として当時は扱われていたことには間違いありません。
現在でも野生種のゴールデンが発見されることは、非常に希だと言ってもよいでしょう。

ゴールデンの特徴

ゴールデンハムスターの体調はおよそ20センチ程度、体重は大きくても200グラム程度なので、小型のドワーフよりは大きくなります。

ゴールデンのショーが行われているスウェーデンでは200グラムがスタンダードな大きさだと言われますが、日本の場合200グラムまで達する個体はほとんどおらず、150グラム前後の個体です。

基本的に単独行動を行う動物であり、野生では地面に巣穴を掘って生活しています。
食性は雑食性であり、植物の葉や茎、種子や果実、昆虫などの他にも自分よりも小さな動物も補食するそうです。

乾燥地帯が生活圏だったために、雑食性になったのではと推察されます。
生後3ヶ月程度で成熟し、1度の出産で4匹から17匹の子を産みます。

ジャンガリアンよりも多産であり、性格的にも大人しい個体が多いことから、非常にペットとしては飼育しやすいと言えるでしょう。

ジャンガリアンなどは自分から人に噛みついたりする好戦的な個体もいますが、ゴールデンはそうした個体も少ないです。
ただし、同種同士での縄張り意識は強いので、単独飼育をする必要があります。

ごく少ないケースとしては、生まれた時から同居飼育されていた姉妹などで、寿命まで喧嘩をすることなく同居をしたことがあるそうですが、ほとんどの個体は成獣になることで縄張り争いを行って、その結果、相手を殺傷してしまうので、単独飼育することが無難でしょう。

人に慣れはしても、懐く個体は少ないのもゴールデンの特徴です。
ドワーフよりも大型であるために、力が強く、さらには記憶力や集中力もあるので、脱走しても帰巣することが多いのですが、その反面知能の高さから工夫を凝らしてケージから脱走することも考えられるので、手のかかる種であると言っても間違いありません。

ペットとして飼育された歴史もあることから、ゴールデンには様々な毛色や毛の柄を持つ種が存在します。
代表的なものではキンクマやシナモン、シルバーにアイボリーなど様々な個体がいるので、自分の好みの個体を探すのも良いかもしれません。