ゴールデンハムスターの行動

no-image画像

ペット用のハムスターの中でも最も人気の高い品種

現在ペット用のハムスターとして流通している品種の中でも、最も人気が高く数が多いのが「ゴールデンハムスター」です。

正確に「ハムスター」という動物を分類をすると、ゴールデンハムスターはネズミ目ゴールデンハムスター属ゴールデンハムスターという品種になります。

ゴールデンハムスターに並んで人気が高いジャンガリアンハムスターやロボロフスキーハムスターは同じネズミ目ながらヒメキヌゲネズミ属の種類として分類されているので、他のハムスターとはやや異なる生態をしているところが大きな特長となります。

ゴールデンハムスターと他のペット用ハムスターの最大の違いは体の大きさにあり、鶏卵くらいのサイズにしかならない他のハムスターと比べ、ゴールデンハムスターは両手で一抱えくらいの大きさにまで成長します。

原種の生息域は中東のシリアやレバノン、イスラエルといった地域で、平均的な体長は16.0~18.5cmくらい、体重は130~210gくらいでメスの方がやや大きめです。

ハムスター種の中でも中型種に分類されており、性格は温和で人馴れしやすく鮮やかな金色~ブラウンと白色との毛並みのツートンカラーが可愛らしいということで広く飼育をされています。

なおゴールデンハムスターで最も一般的なのが背中が茶褐色系でお腹が白色のものですが、他にもホワイトやブラックがいます。

珍しいものになると背中に斑点状の模様が出る「ダルメシアン」や被毛が全体的に長めの「サテン」、ウェーブのかかった長い被毛を持った「レックス」や「長毛」といったものもあり、レア種好きな人から選ばれています。

人を咬むことが少なく賢い

ゴールデンハムスターが全てのハムスター種の中で最も人気が高い理由はやはり全体的な飼いやすさにあります。
ハムスターは全体的には温和な性格をしているものがほとんどなのですが、中には気性が荒くなかなか人馴れしない神経質なものも見られます。

その点ゴールデンハムスターはあまり神経質な個体が見られず、安定的に人とよい信頼関係を築いていくことができる品種とされています。

慣れてくると手乗りやケージの外での餌付けもできるようになり、コミュニケーションをとりながらかわいがっていくことができます。

しかしこのゴールデンハムスターの人懐こさというのは臆病さの裏返しでもあります。
臆病な性格であるがゆえに何かストレスになるようなことをされても攻撃に転じることができないということもよくあるようで、知らずにストレスを貯めて病気になってしまうこともあります。

快適なケージ内の環境をととのえてあげつつ、一緒に遊んだりしてストレスなく生活させてあげましょう。