ドワーフハムスターについて

no-image画像

ドワーフハムスターの特徴、種類

ドワーフハムスターとは、ハムスターの品種の中でも体の大きさが小さいものを総称した呼び方です。
「ドワーフ」というとファンタジーの物語ではおなじみの言葉ですが、意味は「小人」といった体の小さな種族のことを指しています。

世界で最初にペット用に飼育をされたのがゴールデンハムスターで、平均体長は約14.5cmです。
それに対してドワーフハムスターの代表的な品種であるロボロフスキーハムスターは、平均体長が約7cm、尾長は約1cmとかなり小型です。
日本で人気の高いジャンガリアンハムスターでも平均体長は約8.5cm、尾長は0.8cmなので、やはりゴールデンハムスターと比較をするとかなり小型であると言えるでしょう。

ドワーフハムスターは全体的に性格が穏やかであることが多く、比較的複数を一緒のケージで飼育をすることもやりやすい品種です。
他にもキャンベルハムスターやチャイニーズハムスターもドワーフハムスターの種類として含まれています。
体の小さなハムスターを飼育したい人は、これらの品種の中からお気に入りのものを選んでみるとよいでしょう。

飼育に必要な物

ドワーフハムスターの中でも最も飼育されている数が多いのはジャンガリアンハムスターです。
ジャンガリアンハムスターは別名「ヒメキヌゲネズミ」と言われており、ブルーサファイヤやクリームサファイヤなど、独特の色合いをしたものが多く流通しているのを見かけます。
もともとは動物実験のために日本に持ち込まれた品種でしたが、すっかりペット用として定着しており、ハムスターと言えばジャンガリアンハムスターといったイメージが持たれるようにもなっています。

一番の魅力は、飼育のしやすいサイズと個性的な色合いです。
ノーマルカラーの場合ブラン~グレーの色合いと白いお腹をしていますが、ゴールデンハムスターのような黄色がかったものもいれば、スノーホワイトと言われる真っ白なものもいます。

飼育をするときに必要になるものは基本的にハムスター全体で共通しており、十分な大きさのケージに床材、巣箱、トイレ、回し車、給水器、餌入れといったものです。
また、ハムスターは寒さに弱い動物なので、室内で飼育をする時にはヒーターを設置してあげることがおすすめになります。

なおケージについてですが、網タイプとプラスチックタイプがあります。
どちらが適しているということはないのですが、実際に飼育をしている人の話を聞くと鑑賞がしやすいという理由から、プラスチックもしくはガラスのケースを用いている場合が多いようです。

床材は専用の木くずや木材チップが一般的ですが、新聞紙やティッシュなどを入れてあげると、ハムスターは自分で裂いて巣にしてくれます。