共食いの原因と対策

ケージにいるハムスターのイラスト

ハムスターを多頭飼いすると、共食いすることがある

ハムスターは一見すると小さくて可愛く、温厚な動物のように思えます。
ただ、実はハムスターは縄張り意識を強く持っており、自分のテリトリーに他の動物が入ると、襲いかかる習性があります。
つまり複数のハムスターを同時に飼っていると、お互いに喧嘩し合うことがあるのです。

そして多頭飼いをしていると、ときにはハムスターが共食いをしてしまうことがあります。
ある子が別の子を食べてしまうという、痛ましいことが起きるのです。
こうしたトラブルを避けるためには、まずはハムスターが共食いをすることがあるということを理解して、対策を練る必要があります。

一番簡単にできる対策方法は、「ケージを分ける」ということです。
複数のハムスターをひとつのケージで飼うと、それぞれの子がとても窮屈して過ごすようになります。
お互いのテリトリーも重なるため、共食いの可能性が大きく上がってしまいます。
そのためケージを分け、1つのオリに1匹ずつ飼うことで、こうした事態を避けることができます。
いくつかケージを置くと部屋のスペースを取ってしまいますが、可愛いハムスターのためには仕方ないと考えましょう。

出産したハムスターが、子供を食べることもある

メスのハムスターを飼っていると、ときには赤ちゃんを産むことがあります。
これはとても喜ばしいことですが、実はお母さんハムスターが、子供を食べてしまうこともあるのです。

これはお母さんハムスターに、子供を大事にする母性がないからではありません。
むしろ母親ハムスターは子供のことを優先的に考えており、エサをしっかり与えようと努めます。
最初は母乳を与えますが、このときに母乳が出なくなると、お母さんハムスターは困ってしまいます。
そして「これでは赤ちゃんを育てられない」と考え、子供を食べてしまうことがあるのです。

また、母乳をしばらく与えたあとは、子供が普通のエサを食べるようになります。
ただ、エサが足りないと、この場合も母親のハムスターが子供を食べてしまいます。

このように子供を産んだハムスターはきちんと様子を見ておく必要があり、いつもエサが不足しないように準備しないといけません。
また、子供のハムスターが大きくなってきたら、ケージを分けて飼うことも大切です。

しっかり対策すれば、共食いを防げる

ハムスターは1匹でも可愛いですが、多頭飼いをするとさらに可愛いです。
共食いで悲しいことにならないためにも、上で紹介した対策方法をきちんと守ることをおすすめします。
母親ハムスターを気にかけて、ケージをなるべく分ければ、たくさんハムスターがいても上手く飼うことができるはずです。