ハムスターを飼いたいならば

ゲージを噛むハムスター

はじめまして!

ハムスターを飼いたいって思ったことはありませんか。私は根っからのハムスター大好き家系です。
うちでは常にと言っていいほど、ハムスターを飼っています。子供もいますが、子供もハムスターが大好きです。

ハムスターにもさまざまな種類がありますね。ジャンガリアンにゴールデンなどなど一般的に
売られているものでも多種多様ですよ。こうしたハムスターのお世話ってどうしたらよいのって思うことや、
病気などの際にはどうしたらよいのか、また小さな子供がいても自宅でハムスターがかえるのかなど
さまざまな悩みもあると思います。


私はこうした悩みを解消するべくさまざまなことを検証してみました。ハムスターを自宅で飼いたいという方
ぜひとも必見してもらいたいのは、ハムスターの飼育に関する育て方サイトです。
ハムスターの選び方がよくわかるので、とってもお勉強になり参考になりますね。

飼育の際の注意事項

また、ハムスターを自宅で飼うという際、おすとめすの区別をつけるということは大切だなという印象を
うけました。

ハムスターはねずみの種類ですし、繁殖期を迎えたおすとめすを一緒に入れておくと、
繁殖して、どんどん鼠算式に増えていきます。最初は、二匹だけを飼育するつもりでも、
あっという間に子供が増えていきとうとう自宅ではかえないくらいに増えてしまったということもあり、
これだけのハムスターを飼育するのは到底無理だと思えるときは、そのハムスターの処分方法にも困りますね。

ペットショップに引き取ってもらうというてもありますが、たいていのペットショップで
引き取ってもらえるのかということもありますよ。

この際、きちんとおすとメスはわけて、別々のゲージで飼育しておくことをおすすめしますね。
また、このようにメスが子供を生むと、そこへオスを入れたままにすると、オスがその子供を食べてしまったり
ということもあるそうですね。

自分の子供なのにということも思う方もいるかもしれないですが、
動物の本能なのか、果たしてどうなのかは定かではないですが、一緒のゲージに入れたままにしておくと、
いつの間にか子供が生まれたそばからおすの餌食になってしまっていたというかわいそうな結末にも
なりかねないですね。

また、ハムスターを飼いたいというときに、まずはどのハムスターにするのかを選ぶことがポイントですね。
育てやすいハムスターは病気もせず、五体満足で、そしてけんかっぽくなくて、おおらかなハムスターです。

けんかっぽいと、大変ですね。こうしたハムスターは、えさをあげたりする際に、
手をおもいっきりかまれたりすることも多いからです。

飼い主にだってきばをむくということもありますね。飼い始めたばかりのころはまだハムスターも
その環境になれていないし、ゲージの中でのストレス、環境の変化へのストレスもあります。