ハムスターは1匹ずつ飼う方がいいって本当?

no-image画像

1匹ずつ飼う方がいい理由

非常に可愛らしい見た目のハムスターですが、場合によっては非常に攻撃的な性格を見せることもあります。
複数のハムスターを同じケージの中で飼育をしていると、時々ハムスター同士が激しく牙を向き合っている様子が見られるものです。

1匹ずつ見れば可愛いハムスターですが、一旦攻撃態勢に入ると、相手が完全に倒れるまで何度でも立ち向かっていきます。
実際に飼育中のハムスター同士が喧嘩をしてしまい、骨折などの大きなケガになってしまうことも珍しくありません。
放置をしていると弱い方のハムスターが亡くなってしまうこともありますので、複数飼育をする時には飼い主さんは十分に注意をしてあげないといけません。

ホームセンターやペットショップなどに行くと、複数のハムスターが一緒に丸くなって眠っている様子などが見られます。
ですがそうした様子は生まれた時からずっと一緒にいるハムスター同士であったり、または喧嘩をする個体をお店の人が隔離をしたりといった工夫がされているものです。
どのハムスターを一緒にしても仲良く暮らしてくれる、というわけではありません。

特に繁殖期のオス同士になると、激しく喧嘩をしあうようになってしまいます。
複数飼育をする時には入れっぱなしにするのではなく、時々様子を見てあげて、喧嘩がないかということを見ながら飼育をしていきましょう。

基本的にゴールデンハムスターの場合、単独飼育をすることが勧められています。
比較的争いの少ないドワーフハムスターであっても、ちょっとしたきっかけで喧嘩をしてしまうこともありますので、注意をして飼育してください。

繁殖の希望によっての分け方

ハムスターを飼育するとき、子供を繁殖させようと考えているなら、オスとメスを一緒のケージに入れてあげるようにします。
しかしハムスターのオスとメスは素人目には判別がしづらく、異性と思っていたら同性だったということもあるので、まずしっかり確認してください。
完全に成体になるとオスのハムスターには大きな睾丸があることが確認できるようになりますので、時々体をひっくり返して生殖器を見てみるとよいでしょう。

ただし、オスとメスを同じケージに入れれば自動的に子供がつくられる、というわけではありません。
突然オスとメスを同じケージに入れた時、お互いにびっくりして喧嘩になり、どちらかが亡くなってしまうということもあり得ます。

まずはそれぞれ別のケージに入れたハムスターを隣同士に置いてあげて、そこでどういった反応をするか見てあげてください。
隣にいても特に抵抗感なく落ち着いているようであれば、とりあえず一緒のケージに入れてあげて少し様子をみます。
メスは妊娠をするとオスを避けるようになりますので、そうしたら再びケージを分けてあげてください。