ハムスターが病気にかかったら

抱っこされているハムスター

忍び寄る病

大切なペットのハムスターそのペットにも危険があるということもありますね。
それは病気です。
大切なハムスターを病気でなくすということもありうるからです。

特に気の弱いハムスターは病気にもかかりやすいし、体も弱いですね。
ハムスターを死なせてしまったらと思うととても怖いものがありますよ。

私も大切なハムスターを死なせてしまったという経験もあります。
そのときは、本当にショックで、どうしようもなかったです。

病気でした。まだまだ生きれるはずだったハムスターです。
それを、病気というもののために失ってしまったのです。

それでは病気にかからないためにはどうしたらよいのでしょうか。
これは私もこのときから気をつけるようにしています。

対処法

病気というものにも敏感になりました。ハムスターに異変があったら、ちょっとしたことでもきにかかりますね。
そして、このようなときはまめに病院に連れて行くということも心がけています。
やはり動物病院でみてもらうのが一番安心ですよ。

ちょっとした異変だったりをほおっておくと、それがもとで死んでしまうということもありえますし、
とても危険ですよ。ですが、まずは病気にさせないということからですね。

日ごろのケアだったり、お世話で気をつけれることもたくさんありますね。
それが、衛生面だったり、えさのことだったりですね。衛生面で気をつけていないと大変ですね。

衛生的でないゲージで飼い続けていると、病気になりますし、それが原因で死んでしまったりもしますね。
そして、一番の悩みはにおいですね。衛生的にしていないと、掃除だったりを怠ったりするといつのまにか
においが部屋中に充満していて、お客様を招いたりというときにもきをつかいますよね。

そして、子供がいたりすると、一番大変なのは、子供が散らかす、掃除しないということですね。
ゲージのそばに近づいて、ハムスターのゲージをめちゃくちゃにしたりというようなこともありえます。

また、掃除が終わってきれいになった巣箱はまたティシュだったりをつめたがりますので、
新しいティシュを入れておいてあげるということも必要ですね。ハムスターはなんでも巣箱にもちかえるという
習性があるようで、巣箱になにかしらのものが入っていないとだめのようですね。

洗った後は、きれいなティシュを置いておいてあげると、
自分で口の中にいっぱいにおしこめてそれを巣箱に持ち帰りまたティシュでいっぱいにしますよ♪
口の中にいっぱいにティシュをほおばっているハムスターはもう可愛いですね。
めろめろですよ。

さて、ハムスターの病気についてもさまざまな病気がありますね。
このように衛生面で気をつけていても、ほかのところから菌をもらってきたり、
感染したりということで病気になることもありえますよ。

ペット保険

そのようなときのために入っておきたいのは、ペット保険です。

猫や犬みたいに保険があるといいのですが、衛生面に気を配るのも大切ですね。