世話ってどうすればいいの?

回し車のイラスト

ハムスターの毎日の世話

ハムスターを飼うことになったら、当然ですが世話をする必要があります。
毎日やるべきこととして、まずはケージの中に敷く砂の交換があります。
ハムスターは毎日ケージの中を動き回るため、砂が劣化します。
そのため状態をチェックして、必要があれば交換やお手入れをしましょう。

また、回し車を洗うことも大切です。
ハムスターのケージに置くと良いのが、回し車です。
ハムスターはぐるぐるといつも遊ぶため、回し車は汚れがついたり不具合が生じたりします。
そのため毎日チェックして、水で洗うなどしておくと良いです。

3つめとしてやるべきことは、ハムスターの健康状態の確認です。
ハムスターは元気に動き回っていますが、ときには体調が悪くなることもあります。
そのため普段から様子を見ておき、いつもと違う動きのときは病気などでないかをチェックしましょう。
もし病気や怪我などが分かったら、早めに動物病院へ連れて行くか、薬などで対処すると良いでしょう。

4つめとして行うことは、フンの片付けです。
ハムスターはケージ内にフンをするため、毎日片付けると良い環境を保てます。
ずっとそのままにしておくとケージ内が汚れるだけでなく、自宅の中まで空気が汚れてしまい、においも広がってしまいます。
少し手間はかかりますが、できるだけ毎日片付けると良いでしょう。

また、こうした手入れをするときには、消臭・除菌スプレーがあると便利です。
ペットショップなどでペット用のスプレーが販売されているため、購入しておくと良いでしょう。

毎週やるべきこともある

次に毎週行うと良いことですが、ケージ内に置いてあるさまざまな物を洗浄しましょう。
ケージ内には水飲み器などをつけることも多いですが、こうした物も定期的に水洗いすると良いです。

また、床材も週に1回ほど交換すると良いです。
砂は毎日チェックすると良いですが、床材は週に1度くらいのペースで問題ありません。

週に1回行うことは、ときどき忘れてしまうことがあります。
そのため「毎週火曜日は、床材をチェックする」のように決めておくと、忘れずに世話をすることができます。

ハムスターの世話で、毎月すると良いこと

最後に毎月すると良いことですが、床材や砂を全て交換しましょう。
毎日や毎週のペースで砂や床材を交換していても、少しずつ劣化は進んでいきます。
そのためできるだけ月に1回はしっかりと床材を整えてあげると、ハムスターがいつも快適に過ごすことができます。

ハムスターは小さな動物のため、こまめに世話をしないと長生きしにくくなることがあります。
毎日、毎週、毎月の世話でやるべきことを確認して、きちんとケアをしてあげましょう。