寿命の話

no-image画像

動物でも種類によって寿命が違う

ハムスターの寿命は2年から3年ぐらいだと言われています。
しかしこれが像となると、その寿命はおおよそ70年と言われています。
さて同じ生き物でもこれだけ寿命が違うのは何故でしょうか?

ここで二つの動物の心拍数に注目してみましょう。
ハムスターは一生で15億回心臓を動かし、像は一生で15億回心臓を動かします。

もちろん多少の個人差はありますが、二つの動物の心拍数は一生で同じなのです。
実はこれが動物の寿命に関係しています。

一生の短いハムスターは心拍数が早く、一生の長い像は心拍数が遅いということになります。
このことから心拍数の早いハムスターは心臓への負担は多く、像の方が少ないということになります。

寿命を決める一つの要因としては、どれだけ心臓に負担をかけるかがあります。
心拍数が早ければそれだけ寿命は短くなり、心拍数が遅ければ寿命は長くなります。

体の小さいハムスターは血液の循環サイクルが短く、それ故に心拍数も高いです。
逆に体の大きい像は血液の循環サイクルが長いので、それ故に心拍数は低いです。

このように心拍数は生物の寿命に大きく関わります。

しかし心拍数は確かに寿命を決める一つの要因ですが、ハムスターを飼うなら心拍数を心配するよりも、ストレスを与えるような飼い方をしたり、病気になりやすいような環境で飼育しないようにすべきでしょう。
そのような環境だと寿命以前にハムスターが死んでしまいます。

激しい運動をして心拍数を上げると寿命が短くなるのか

ハムスターでも人間でも像でも、どのような生き物でもおよそ15億回から20億回心臓が動くと寿命がくると言われています。
それでは、動物に激しい運動をさせたり、人間ならマラソンなどをして激しく動くと心拍数が上がるので寿命はそれだけ縮まってしまうのでしょうか?

実はこれはあまり寿命に関係ありません。
仮にそのような激しい運動を1ヶ月間やり続けて、常に心拍数の高い状態になったとすれば寿命に関わるでしょうが、どのような動物でも常に心拍数を上げていることは無理です。

心拍数が早くなるとしてもそれは一時的なものであり、動物は眠ったりすれば心拍数は落ち着きます。
このようなことから、少し運動して心拍数を早めただけでは寿命に影響があります。

そして心拍数はそれほど一気に跳ね上がるものでもなく、激しい運動をすればそれに慣れて心拍数も下がっていきます。

また常に心拍数が高まるような状態は、多くの場合で病気である可能性も高いので、寿命以前に死んでしまいます。

寿命を決めるのは確かに心拍数ですが、それよりも病気などで寿命が来る前に死んでしまう場合もあるので、そのようなことを心配すべきでしょう。