給水器の選び方

見ずに指を入れるイラスト

ハムスターは水分補給が大切

ハムスターにはエサと合わせて水をあげることが大切です。
野菜などから摂れる水分でもハムスターは生きていけますが、場合によっては喉が乾くなどして体調を崩してしまうことがあります。

ハムスターに水をあげる場合、給水器を設置するのが一般的です。
ハムスターの口に合わせた給水器が市販されており、飲みやすい仕組みになっています。
給水器に水を入れておけばハムスターが必要になったときに水を飲むため、いちいち水を差し出す手間が省けます。

給水器からハムスターが水を飲む様子はとても愛らしく、それだけで新しい魅力を発見することもできます。
比較的安く購入できるものも多いため、可愛がっている子のために用意してあげましょう。

給水器には種類がある

ハムスター用の給水器には種類があります。
ひとつ目は「ボール入りの給水器」で、ステンレス製のボールが本体の中に入っています。
ハムスターが水を飲むとき以外はボールが給水器の口を閉じるようになっていて、ケージ内に水が漏れません。
水がケージに広がってしまうと雑菌が繁殖してしまい、ハムスターの病気や部屋の環境悪化につながってしまいます。

ボール入りの給水器はハムスターが最初、使い方がわからないこともあります。
たた、何度か飲もうとすることで使い方を理解して、その後はスムーズに使ってくれるようになるはずです。

2つ目の種類として「ボールなし」のタイプがあります。
これは先ほどのステンレスボールが入っておらず、ハムスターが飲みやすくなっています。
初めて給水器を購入する場合は、ボールなしのタイプを選ぶのも良いかもしれません。

また、3つ目として「高さ調節ができるタイプ」もあります。
ハムスターは顔を上げるようにして給水器の水を飲みますが、自分で取り付け位置を調節しないといけないのが一般的です。
ですが高さを調節できるタイプなら取り付けた後でも高さを変更できるため、手軽で使いやすいです。

給水器をどのように選ぶと良いか

給水器の選び方としては、まずは値段が挙げられます。
基本的に値段が上がるほど品質が上がるため、迷ったら予算内でなるべく高いものを購入すると良いでしょう。
最近はネット通販などで安価なものもたくさん販売されていますが、あまりに安いものはすぐに壊れてしまうことがあります。
高くても長持ちするもののほうが逆にお得な場合もあるため、予算と相談して決めましょう。

また、サイズも大切です。
大きすぎる給水器はケージの中で場所を取ってしまうため、前もって適切なサイズを確認して選ぶと良いでしょう。
ただしあまりこまめにハムスターの世話ができない場合、大きめの給水器を用意して水をあげる手間を省くのもひとつの方法です。
以上の点に気をつけて、給水器を選びましょう。