ハムスター飼育の前にハムスターの性質を知る

アップのハムスター

ハムスターの性質を知る

ペットを飼う時はそのペットの基本的な性質をしっかりと知っておくことをお勧めします。
そうする事によって正しい対応をする事が出来るからです。

これは別にその体の大きさに関係するものではなく、
どんな小型な物であってもその性質をまず知ってから飼育を始めるようにしましょう。

では小型の動物として現在非常に人気があるハムスターは、一体どのような性質なのでしょうか。
ハムスターは非常にかわいい動物ですが、実は活動的です。

だから出来るだけ体を動かす事が出来る環境に置いてあげるようにしましょう。
また好奇心いっぱいなので、それを満足させてあげるような環境作りも重要となってきます。

ただその見た目やイメージから行く「臆病」と言う面も否定できません。
慣れてくると色々な事に対して興味を示すようになりますが、
飼ったばかりの時は環境の変化にも戸惑っているので、出来るだけ触れないようにしましょう。

臆病な性格の為、あまりにも触れてしまうとか顔を出しすぎてしまうという事によってストレスがたまるし、
何より弱ってしまう事があるので注意が必要です。

実は賢い動物

また、実はかなり学習能力が高く、記憶力も良い動物なのをご存知でしょうか。
だから色々な事を覚えるので、
例えば飼い主に対して恐怖を感じてしまった時はなかなかそれがぬぐえなくなってしまうので注意しましょう。
やはり重要な事は出来るだけリラックスできる環境づくりが必要だという事です。

またかわいいからと言っておもちゃの様に扱ってしまうのは良くないので、
慣れるまでは気にはなっても放置しておくのが良いでしょう。

もう一つ覚えておくべきことは、夜行性だという事です。
できれば人間としては自分が起きている時間に動いてくれる姿を見たいと思うかもしれませんが、
そもそも夜行性の為に昼間は寝ている事も結構あります。

とはいえ、夜中にならなければ動かないというわけではなく、
暗くなってくると次第に活発に動いてくれるようになるので、睡眠を妨げないようにしてあげましょう。

あとは、脱走しやすいという事も覚えておくのが重要です。
一般的に小型のハムスターはやはり簡単に脱走してしまいます。

だからケージで飼う時はしっかりと留め具を取り付けておいて、簡単に脱走できないようにしておくのが重要です。
このように小型で非常に可愛らしいハムスターですが、色々な性質があるのが分かって戴けたでしょうか。

勿論これ以外にも色々な事があるので、実際に飼育する前にはどのような動物なのか、
それをしっかりと理解してから飼うようにしましょう。

そうする事でハムスターにとってもより良い環境で暮らす事が出来るはずです。