ケージの種類

no-image画像

ケージについて

ハムスターを飼育する上で、ケージは必須です。
ケージとは、いわば動物用のかごのことですが、飼育環境をきちんとしておかないと、ハムスターはその場から逃げだそうとしたり、ストレスが溜まってしまって病気などのトラブルを起こす原因となるので、十分な注意が必要だと言えるでしょう。

基本的に、ケージを利用するのはそこに閉じ込めておくのではなく、安全で快適な環境を与えることが目的だということを忘れてはいけません。

ケージ選びの基本としては、ハムスターの大きさに関わらず、大きなものを購入することです。
飼育におけるトラブルで最も多いものがなわばりに関するものだとも言われていますので、大きなケージを購入するだけでもトラブルを軽減することができます。

ケージの種類について

ハムスターのケージには多くの種類があります。
また、他の動物用として販売されているケージを利用して飼育することも可能です。

一般的なケージとしては、ジャンガリアン用のものが多いです。
しかし、ジャンガリアン用としてもケージは小さめだと言え、ストレスを軽減させるためには大きめのケージを購入する必要があります。

また、小さな身体をしていることから温度に弱い動物だと思われがちですが、実は暑さや湿度に弱い動物ですので、温度が下がりにくい、湿度を下げやすいケージを選ぶようにすると良いでしょう。

ケージとして最も多くの人がイメージするのが金網タイプのものです。
通気性が良くて、持ち運びしやすい重さ、安価であることなどから良く選ばれることが多いのですが、冬場は温度が下がりやく、壊れやすいことなどからケージとしては不向きだと言えるでしょう。

光や音を遮断できないのも、ストレスをためやすく、あまりお勧めできないタイプだと言えます。

次に水槽タイプがあります。
いわゆる熱帯魚などを飼育するためのものですね。

脱走されにくく、部屋が汚れにくい、壊れにくいなどのメリットがあります。
また、大きさの割には安価であり、掃除をするのもラクです。

ただし、湿度が高くなりやすいこと、ペットが飼い主に慣れにくいことなどのデメリットもあります。

最後には虫類用のケージです。
は虫類用ではありますが、非常に使い勝手が良いと言えます。

通気性が良く、飼い主にもなれやすく脱走されにくい、湿度の調整をしやすいなどのメリットがあり、デメリットとしては他のケージよりも高額であること、量販店などでは売っていないので専門店で購入する必要があるなどがあげられます。

他にもプラスチック製のケージや、衣装ケースのようなケージなどもありますが、こちらも壊れやすかったり、温度調整に不向きだったりと基本的にはお勧めしにくいものだと言えます。

ペットのことを考えると、やはり少し本格的になってしまいますが、は虫類用のケージを購入した方が良いでしょう。
初心者だからと言って、安易にスターターキットなどを購入するのではなく、色々と相談をしてみるのも1つの方法だと言えます。

ケージを用意したら、ペットシーツと床材を揃えると掃除がラクです。
床材にも様々な種類がありますが、一般的には熱処理して殺菌された牧草や、とうもろこしのチップなどが使われます。