ハムスターの性質と上手な育て方について

no-image画像

様々なペットたち

私たちは、多くの動物をペットとして、大切に飼育をしています。

犬や猫、フェレット、インコなどは大変人気が高くなっていますが、
ハムスターは、キュートな外見で、鳴き声で迷惑を掛ける心配がないため、
飼育してみたいと思っている方が増えています。

どんな動物を飼育する時でも、動物の習性や性質をよく理解しておく必要があるでしょう。

ハムスターは非常に好奇心が強く、遊び好きな性格で人にもよく馴れます。

ペットショップだけでなく、ホームセンターなどでも販売しているお店がありますが、
家に連れてきた時は緊張したり、不安感や恐怖心を持っていたりしますから、
しばらくの間は巣箱で自由にさせてあげることが大切です。

少し慣れてくると、ハムスターは家造り行動を取るようになります。

飼育のコツ

快適な寝床を作ってあげ、トイレを作ってあげれば、
同じ場所で排泄をするようになるので、お掃除は楽だと思いますね。

とてもきれい好きなので、巣箱はいつもきれいな状態を保つようにすると、
健康状態を良好に保つことが出来ます。

寿命は2年から3年とペットの中では短いほうですが、
小動物を診察ができる獣医師を探しておくようにして下さい。

ハムスターを迎え入れた時は、動物に余裕が出てくると飼い主に関心を持つようになります。

生野菜やヒマワリの種などを好んで食べる雑食性の動物です。

専用のフードを適量与えてあげるようにすると良いでしょう。

臆病な性質を持っていますから、
静かな環境でストレスを与えないようにしてあげましょう。

一日の5時間程度は眠っていますが、起きている間は活発に動き回っています。

飼い主に対して警戒心がなくなると非常によく馴れるので、
愛らしいと感じる方が多いようです。

室内で飼育をすることが出来るので、比較的飼育がしやすいペットです。

良い環境で育ててあげるようにすると、小さな体の割には丈夫なので、
病気には掛かりにくいと思います。

ハムスターの飼育方法についての書籍が販売されていますから、
上手に利用してみると良いでしょう。

野生の時は外敵からも身を守る必要がありますし、
エサの確保をしなければならないので、もともとよく動き回る動物です。

初めて飼育をしたいと思っている方は、わからないことが多いと思うので、
信頼できるペットショップの店員にアドバイスを受けると良いと思います。

小学生のお子様でも、比較的飼育がしやすい動物です。

最初は、一匹から育てることをオススメします。