ハムスター飼育に適した環境

ひまわりの種

限られたスペースでの飼育

動物と触れ合うと心が癒される気がしませんか。
その癒しを求めてペットを飼う人が多いことと思いますが、マンションでのペット不可という条件は多いものです。

しかし犬や猫のようなペットは無理というマンションであっても、あまり近所の迷惑にならない小動物であれば飼育することを許される場合があります。
そんなこともあってなのかハムスターを飼うことが一時ブームとなりましたが、今もその人気は衰えていません。

ハムスターの人気を支えているのは限られた狭いスペースで飼育できるという点と、静かであまり鳴かないことと臭いがしないという点でしょう。

いざハムスターを飼うとなれば、専用のアイテムが必要です。
ケージは必須となりますが、カーペットの役割をする床材という物も必要になってきます。

ハムスターは狭い所が好きなので、ケージの中に巣箱を入れてあげると良いでしょう。
排泄する為のトイレも必要となります。

ハムスターは予想出来ない行動をすることがあるので、事故防止のためにもトイレは固まらない砂を使用してください。
水分摂取の為に給水ボトルというものが必要となりますが、ケージのタイプによって据え置きタイプかひっかけるタイプか選びましょう。

また運動不足にさせない為にもケージの中に回し車を付けてあげてください。
そして環境についてですが、よく床にケージを置いている人がいるのですが、ベストな場所は風通しの良い所なので箪笥の上なんかが良いと思います。

そしてありがちな間違いとして挙げられるのは、早く環境に慣れてもらおうと構いすぎることです。
構いすぎてしまうとハムスターはデリケートな生き物なのでストレスを感じてしまいます。
長生きさせてあげたいのであれば初めの数日間は必要最低限の身の回りの世話をしてあげてください。

餌について

ハムスターのエサと言えばヒマワリの種と思い浮かべる人も多いかと思いますが、そればかりでは栄養が偏りますし肥満の原因にもなるので、メインはペレットという専用のエサを与えましょう。

知らない人も多いかと思いますが、ハムスターは野菜も食べる雑食性です。
主食として与えることは好ましくありませんが、おやつ感覚で少量与えてあげると喜ぶ事と思います。

雑食と言っても、食材の中には与えてはいけない物もありますので飼い主が十分に注意してあげてくださいね。
前述でハムスターはデリケートと述べましたが、くれぐれもケージ内の環境には注意して欲しいと言えます。

掃除してあげることが大切ですが、あまりし過ぎてしまうと落ち着かない原因となるので適度を心掛けてください。