ハムスターの選び方

no-image画像

選び方の注意点

ハムスターを買う際もっとも大切なのは、選び方ですね。これをきちんとしっていたら、ハムスターのストレスだったりも軽減できますよ。
また、どのようなハムスターを選ぶかによってもその後の飼育が変わってきますね。

そして、ハムスターもやはりどんなにすぐれたハムスターであっても、ペットショップから自宅にお引越しをしたストレスというのはかかりますね。

もし、これを解消するには、ハムスターの種類にもよりますし、また性格にもよりますが、それ相応の時間も必要ですね。

それでは、ハムスターを選ぶ際に注意しておきたいポイントですが、これはきちんとした毛並みをしている、大きすぎず、小さすぎない、中には、毛並みがわるいハムスターだったり、また大きくなりすぎたハムスターもいますし、逆に小さすぎるハムスターもいますが、一般的な大きさちょうどよいサイズのハムスターがよいです。

人間であっても適したサイズというのはありますね。それと同じです。そのサイズが適していると、けっこう病気もせず、長生きしてくれるからです。

また、病気してしまうと、病院につれていったりと医療面でもお金もかかりますし、何より育てるのが大変です。

病気持ちのハムスターの管理は大変ですよ。医療費もすべて実費だったらそれ相応のお金がいりますし、それにえさ代もほかのハムスターに比べて高くなりますね。それだけではありません。
病気が人に感染するというおそれもあります。

ペットショップの見極めも大事

また、ハムスターにもさまざまな値段があり、安いものはとっても安いですし、高いものはけっこうな値段ですね。
この値段の違いってどう違うのかというと、一概にはいえないですが、それを飼育している環境だったり、また入っているゲージにお金がかかる、管理費にお金がかかるという理由があるようですね。

ペットショップだったり、ちゃんとした専門のお店で売られているハムスターはきちんとしたゲージに入っていますし、ひとつのかごには、おすとめすは分けて飼育されています。

しかし、ホームセンターなどで売られているようなハムスターは、どうこうというよりも値段で勝負ですね。
値段が安い代わりにおすかめすも判別できていないし、また管理もずさんだということがありますね。

たくさんのペットを売るほうがおとく、安くてもたくさん売れたら、それだけ利益につながるというようなホームセンターなどの場合は、大きすぎるハムスターだったり、逆に小さすぎるハムスターだったり、ちょっと不具合があるハムスターというのもありえますよ。

きちんとしたハムスターが買いたいならば、ペットショップなどの専門とするところで購入すると安心感がありますね。
こうした安心感はのちの飼育のしやすさということにもつながりますし、最初のペットの値段だけ安くてもそれ以後のお金の動きにもかかわります。