ハムスターの可愛いしぐさランキングBEST5

no-image画像

ハムスターのしぐさ、可愛いと思う理由

小型哺乳類の中でも、ハムスターは非常に人気の高い動物です。
これは飼育のしやすさということもありますが、それ以上に飼育をしているときに見せる姿がとてもかわいらしく、魅力的であることが理由になっています。
ハムスターは他の小動物にはない独特の習性をしているので、そこが多くの飼い主さんの心を掴むのでしょう。

可愛らしい仕草としては以下の5つが最も特徴的と言えます。

1.エサを与えた時両手で受け取る
2.頬袋に食べ物をたくさん詰め込む
3.回し車で一生懸命走る
4.ひまわりの種を上手に剥いて中身を取り出す
5.巣の中で丸くなって眠っている

本来は捕食される立場として緊張感を持たなければいけないはずなのに、ハムスターはどこか抜けているところがあるようで、そうした危機感のなさが人間からはとてもかわいらしく思えてしまいます。

ハムスター愛好家の間では「ハムケツ」という言葉があります。
これはハムスターを後ろから見たときにプリッと丸くなって見えるお尻のことで、ハムケツ専門の写真集やブログなどもあるほどです。

ハムスターは体が人の手のひらに乗るくらいと丁度よいサイズ感であり、ふわふわした手触りだけでも十分に幸せを感じられるでしょう。

なぜか多いハムスターの名前

ハムスターの可愛らしさを象徴することと言えるのが、ハムスターの名前に食べ物の名前をつける人がとても多いということです。

飼育しているハムスターの名前として「ハム太郎」などとつける人も多いですが、それよりもさらに多いのが「おもち」や「きなこ」「だいふく」といった食べ物の名前をつけるケースです。

ハムスターの可愛らしさを示すのに、雪見だいふくの容器に入れるという写真もよく見かけます。
雪見だいふくの白くて丸い容器のサイズは、ハムスター1匹分とちょうど一致しており、それを巣箱の中に入れてあげると中で丸くなって寝てくれるなど、とても素敵な様子を観察できるのです。
まさに大福サイズと言ってもよいのがハムスターで、そこからつい食べ物の名前をつけたくなってしまうのかもしれません。

食べたくなってしまうくらいにかわいい、というのがハムスターの魅力を示すのにぴったりな言葉で、ずっと見ていても飽きることがありません。

ハムスターの可愛さをさらにしっかり堪能するなら、透明のパイプ式の通路を作ってあげるというのもおすすめです。
狭い通路の中を細かく行き来しているハムスターは、一生懸命にごはんを運んでいたりしていて、また違った魅力を発見することができます。
おもちゃを与えるとすぐに好奇心を示して遊んでくれるというのもまた、飼い主さんにとっては嬉しいところです。